訓練の内容

ソーシャルファーム(中間的就労)につながるPC仕事:

★当NTP事業所はパソコンが得意な方の切り分けした仕事に特化しています。当事業所の母体である『NPO法人NETIS新技術活用協働機構』が所有する土砂災害防止技術『無水掘工法®』を始めとした『国土交通省NETIS新技術』の活用を行政ルールに基づき推進し、公共事業へ知財技術の採用によるロイヤリティ収入を得る事業を展開しています。

1アプローチ)近年頻発している身近な土砂災害の事前土砂防災工事の、設計に関する行政資料の開示請求作業業  1/250(国及び各自治体フォーマットによる)                                       ーーーーーーーー● 行政の情報公開制度を利用し、業務のスタートとなる文書資料類を請求します。

2 ホップ 行政の開示資料のデータ電子化入力と、新技術活用可能な情報の抽出作業 ――――――――-------    1/30(機構本部フォーマットによる)                   --------------------------ーーーー          行政より開示された文書から、必要な情報を抽出します。

3 ステップ)  出作業資料に基づき、工事コスト縮減に繋がる、「無水掘工法」の活用可能確認作業ーーーーーーーーーーーーーーーーーー1/500(機構本部フォーマットによる)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー独自開発の『無水掘工法活用可能土質判定システム』に数値入力し『無水掘工法®』活用判定をします。

 ジャンプ1209条ルールに基づき行政に対し設計瑕疵リカバリー制度を利用し、新技術 活用提案作業ーーーーーーーーーーーーーーー 1工事/34%詳細設計で活用されると公共事業コスト縮減34%となる)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー『無水掘工法®』が採用された場合、提携するLLP組合からロイヤリティ収入となります。 

5恒久財源)1234 作業の結果「無水掘工法」活用ロイヤリティ収入                                  --------     1工事/ロイヤリティ削孔工事費の約3%が事業収入となり、PC作業当事者の給料・工賃向上の原資となる)ーーーーーーーーー作業は個人の得意性に合わせてお願いしますので、楽しく無理のないスキルアップをして頂けます。

平成30年度の活動については、こちらをご参照ください。➡https://sites.google.com/a/npo-netis.org/sekandopeji/h28nian-du-she-jirikabaritop

Comments